読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sleepy...

のろのろっと。

中高生の起業ってどうなんですかね。

ちょいちょい意識だけ高い系の学生をdisるツイートをしていましたが、あやみん(@ayami_ii)がこんな記事を投下してたので便乗して書いてみます

私が今起業しない3つの理由 〜5社以上のベンチャー企業に携わってきた現役女子高生が考える起業のメリット・デメリット〜 – JK専務の見るセカイ。by @ayami_ii

語彙力も文章力もないので内容がごちゃごちゃです。誤字もあると思います。少し煽り要素もあります。

自分の立場

今月ようやく18歳になる高校生です。新高校3年生です。
Webエンジニアとしていくつか案件をもらって稼いだ金をうどんと廃墟巡りと神社巡りに溶かすタイプの男子です。
2つ前の記事に詳しいことは書いてあります

先ほどの記事のあやみんとは少しだけ同じベンチャー企業に関わっていました

3タイプの学生起業家

大きく分けると3種いると考えています
それぞれについて自分が思うことを書いていこうかと思います
これは中高生の起業家への意見であって大人になって起業した方達はまた別の話です

素人目線です。

技術力もアイデアも知識もある人

こういう人は企業してもバリバリやっていけると思います
ネットの時代ですから資金力がなくてもサービスを作り上げられたりWebサイトを作れる技術力があればまぁ動けると思いますし、技術力があるのであれば知り合いのエンジニアを誘った時に少しでも協力してくれるかもしれません。

僕は応援したいです、どんどん突き進んでください!!開発の人手が足りなかったら僕も誘ってください!!!

イデアだけある人

イデアだけある状態で起業しても何もできないかと思います。それをうまく形にするための人脈や技術、戦略などをある程度考えてからの起業でも遅くないと思います
あやみんの記事にあった通り、他のベンチャーで経験を積んで学んでからにしましょう

人がいないのであれば人材探しもしなければなりませんね。先ほども言った通り資金もないのでエンジニア1人は最低でも必要だと思います。しかし、自分についてきてくれる人がいるという確信や自信はありますか?少なくとも僕はそういう人にはついていきませんね。高校生エンジニアの僕でさえついていかないのですから大人はもっとついていかないと思います。
あなたが人材や知識集めなどしてようやくサービスリリースするまでの期間で僕はサービス3つは作れますよ。

ネットの怖い人たちに「意識高い笑」とか言われて笑われますよ。
少なくとも僕は心の底で爆笑してます。嫌いな意識だけ高い系です
こういう人を何人か見てきましたが、周りのエンジニアとの間でネタにして笑ってます。

「起業ってかっこいい!」だけの人

「この人このパターンじゃない??」って人をよくTwitterで見かけます。アイデアも具体的ではなくどう経営していくかも分からない人たちですね。

そんなに笑い者になりたかったですか。貴重な高校生活を費やしてでもギャグをカマしてくるなんて最高にセンスありますね笑

なにが言いたいか

しっかり準備して起業しましょう。準備できる前に起業するメリットはありますか?
僕は某ベンチャーキャピタルで行われたプレゼン大会を見に行ったことがあります。良いプロダクトがあれば賞金が出るというき感じの企画です。僕は各発表者のアイデア力と技術力に目を輝かせながら見ていましたが結局誰も賞金を得ることは出来ませんでした。それほど甘くないってことです。

まとめ

あなたの事業提案と周りの環境を見て、評価してくれる人がいれば投資してくれる人がいるかもしれません。手伝ってくれる人もいるかもしれません。その評価はその事業の実現性が大きく見られると思います。
投資家目線の意見は僕からは言えませんが、僕がもし中高生起業家を手伝うとしたらそこを見ます(僕の場合は好きな技術でプログラミングができるかも大事です笑)

あと、これは周りのエンジニアとよく話すはネタなのですが、どんなに資金がなくても力を貸してくれる人には報酬を払いましょう。汚い事を言いますが、あなたによほど憧れてたりしない限りは人は金で動きます。自分の大切な時間ですから。

この記事ではエンジニアの必要性が大きいとされていますが、いなくても動けるパターンもあるかもしれません。ただ僕がこの1年間で見てきたベンチャー企業は少なくとも1人は優秀なエンジニアがいてそれをベースにして活動していました。逆にエンジニア不足のところはほとんど伸びていないように感じました。

僕は起業する気は今のところはありません。マネジメントだとか経営だとか難しいこと分からないし好きなようにコード書いて稼ぐ生活を続けていきたいです。

FRONTEND CONFERENCE 2017に行って学生コンテストに出ました

楽しかったです(この記事には技術的な話はありません)

なんだそれは

これです。
kfug.jp

@potato4dさんからお誘いのDMを頂き、参加に至りました!
このイベントで開催される学生コンテストに出場しました!!

プロダクトについて

3月上旬、放課後は仕事で忙しい上に学校では留年の危機だったのでアイデアは考えてる暇はないと思い、1月のツイキャスハッカソンで作った「Twitcas Cruise」をアレンジして持っていこうという事にしました。このプロダクトの概要としては「ツイキャスで新しく好みの配信者を探すのにぽちぽちするのはめんどくさいし、自動で巡回してくれるようにしよう」というものです

ツイキャスハッカソンでは3人で作ったので他2人が作った部分は自分で書き直そうと考えていましたが、それは甘えだと感じ、自分の書いた部分も含めて全て他の技術で書き直しました。何を使ったかというと、以前から試してみたかったPhoenixさんをAPIサーバーに使い、フロントエンドは食わず嫌いをしていたTypeScriptを頑張り、ようやくAngular2を触りました!!

機能的な部分に関しては、ツイキャスハッカソンの時点では「ライブ自動巡回」と「コメント機能」だけでしたが、それに「レビュー機能」を軸とする「Activity(みんなが書いたレビューのタイムライン)」などを追加し、自動巡回の切り替え秒数を設定できるようにもしました。レイアウトについても、切り替え秒数のカウントダウンを表示するなど多少のUI/UX改善を行い、ツイキャスハッカソンではHTML/CSS経験の浅いメンバーに任せていたのでHTML/CSSも自分で1から書き直しました。

Angular4がコンテストまでにし正式リリースされたら2を飛ばしてそれを使っていこう!くらいの勢いでしたが、Angular4はrc2まで更新されていたものの正式リリースはされていなかったので諦めました

当日

「学生だけならいつも通り賞は取れるだろうな〜」くらいの気持ちで大阪へ行きました
夜行バスは辛い!!と周りから聞いていましたが僕はなぜか快適に爆睡することができました。強いて言えば視界にいちゃつくカップルが入っていたのが辛いというくらいでした。
着いたのは朝6時過ぎ、店も開いておらず、本当にやることがなかったので普段通り付近の神社を巡って時間を潰しつつ銭湯に向かいました

会場に向かうと@potato4dさんの基調講演が始まっていたのでそれを聞きつつコンテスト用のスライドを作ったりしてました
そのあとも強い人たちのセッションを聞いた後コンテストの受付を済ませ、他のコンテスト参加者のプレゼンを聞きつつ緊張していました。今回まともにプレゼンをするのは初めてだったんです。クソザコナメクジメンタルだったので毎回ハッカソンでは他のメンバーにプレゼンを任せていました。
今回のコンテストは同い年の知り合いも来る予定だったのですが彼が仕事の都合でキャンセルしたので結局また最年少になってしまいました、悲しいです。

噛みつつもなんとかプレゼンを終えました、5分って早いですね、焦ります。
しかし結果は最優秀賞を頂き、驚きつつも嬉しかったです!最優秀賞は初ハッカソンのカウモハッカソン以来です!!ありがてぇ...!!!

ここで事件が起こりました。最優秀賞をもらった人はこのイベントの最後の枠であるLT大会に参加してもらうと....。
そんなわけでLT大会に出てきたのですが、コンテストのプレゼンの時の50倍は観てる人がいて公開処刑にされたような感じでした。他の参加者はプレゼン慣れしてる強い人の中にプレゼン経験ゼロに近い、高校2年生が放り込まれたのですから!!

しかしプレゼンも含めとても良い経験になりました

イベント後

懇親会は今回はパスさせて頂き、大阪駅周辺のお店を食べ歩きしながら神社に行ったりしてました。
その日の夜のバスで新宿に向かい、帰宅後は丸一日爆睡し仕事の進捗が壊滅的になりました

感想

5日間で学習も含めプロダクトを作るのはとても良い経験になりました。PhoenixとAngular2に関してはコードも汚く理解も浅いのでな今後も使いつつ理解を深めたいと思います。Angularは1系が大好きだったのですが2以降のAngularさんとも上手く付き合えそうです!

高校2年の最後が良い結果で終わって嬉しいです。前回の記事に書いたように本当に濃い年でした。
明日からは必死に仕事の進捗を出していきたいと思います

次回は

現在決定してるのは温泉ハッカソンです

spajam.jp

Boostnoteのコミッターやってる高校1年のScalaお兄さんとクックパッドで強く生きてる同い年のElmお兄さんと出る予定でおそらくReactNativeを使うかなー、という感じです。

 

 

ありがとうございました!!

高校2年生を過ごして。

濃い1年でした。振り返ります。

語彙力ないのでゆるゆる、っと。

 

部活やってた。

家ではぐだぐだしてた。Erlangの技術書を抱きながら寝てた。

春先にはtento.techのホームページを作ったりしてた。

ファミマでバイト頑張る日々。

6月頃

憧れてたFar Connectionさんに案件を触らせてもらった。IT系での初めての業務経験。とても嬉しかったです!

廃墟巡りを始めた。数年前から廃墟に憧れがあったのが、バイトで経済力が付いてきてついに現地に行くことができた。最初は秩父の廃村。夏休み直前には地元の廃病院に潜入したりもした。

tento.tech代表のreizou05くんと学校行事の遠足の後にノリだけで奥多摩に行った。久々にアウトドアのワクワク感を感じれて最高だった。

夏休み

中高生プログラミングコミュニティのtento.techのメンバーで遊んでた。清水公園で遊んだり関西行ったり廃墟巡りしたりした。
アウトドアな感じで遊びながら合間に同年代の人たちとプログラミングの話ができるのはかなり新鮮で楽しかった。

FarConnectionでは少し大きめの案件の触らせて頂いたりして経験を積めた。
他のメンバーのコードから学べることがたくさんあった。

夏休みの終盤、大学生限定のカウモハッカソンの存在を知り、「高校生でも大丈夫ですか?」と運営の獅子見さんにダメもとでリプを送ったら承諾され4人集めて出場。結果はまさかの最優秀賞とprogate賞をW受賞!大学生たちに勝つことで初めて自分が認められた感じがして帰りの電車で泣いた。口座も財布も空っぽで帰りの電車賃がなかったが賞金10万円のおかげで帰宅できた。

この夏のハッカソンと業務経験が今の自分にかなり大きい影響を与えてると思う。

夏休み終盤のハッカソンの運営だった獅子見さんが運営するTECHSALONが学生向けハッカソンをたくさん開催してくれたので空いてる日は全部出た。なんとなく大学生に負けるのが嫌だった。高校生ブランドもあり注目され、関連企業の方からインターンに誘われることもあったり、獅子見さんの人脈のおかげでクックパッドのオフィスに訪問させて頂いたりした。

負けた時に高校生ブランドを「高校生だから仕方ない」と言い訳に使う人が周りにいたが最高にダサく感じた。ハッカソンで大学生相手に勝った時に「高校生なのにすごいね!」と言われるのはすごく嬉しかった。高校生ブランドはプラスの方向に使っていくものだと思う。

ハッカソンでバックエンドが書けないのは少し不便だったのでExpress.jsでjsonAPIサーバーを立てられるように勉強した。フロントエンドはAngular1.x、手軽に扱えるのでハッカソンに向いていた。レイアウトはpug+stylusでコーディングスピードを上げ、2daysハッカソンであれば1人で全部仕上げられるくらいのスピードは付いた。 

廃墟巡りについては憧れの日窒に行き、小倉沢小中学校に行ったりした。

学校生活は成績がかなり酷かった。部活は人数がいなくなり辞めた。
文化祭の時期にほとんど絡んだことない美少女にアタックされたので特に好きでもなかったがなんとなく付き合った。
彼女も校外で活動してるタイプだったので認めてる部分はあった。

引き続きハッカソンに出てた。
年末、TECHSALONさんとクックパッドさんとtento.techが運営で中高生限定のハッカソンを1dayで開いた時に、以前一緒にプロジェクトをやっていた高校3年生の奈良さんと再会し、彼に優勝を持ってかれて自分は2位。
一緒に出てたtento.techのメンバーである鈴木や大野智葵は変態的技術で挑み完成せずに爆死していた笑
この後、この大野は高校2年生にしてクックパッドでバイトすることになったからカッコイイ。
年明けには中学3年生のNollくんとツイキャスハッカソンに出てpedia賞を頂いた!

気付いたら彼女を普通に好きになっていました。

年末に学校で、教室内で焼肉をしたら謹慎になり見事に冬休みが全部潰れた。
普段から教師に中指を立てる生活態度だったので退学するか続けるか選べ、と言われたが青春コンプレックスの掲示板を見て「続ける」を選んだ。

 

最近

2月頃から仕事がなかったのでTwitterやWantedlyで求職したらたくさんのお誘いを頂いたので仕事を進めつつ、いろんな企業のオフィスに遊びに行ったりしている。
3月上旬は3社のプロダクトに関わったりしてて正直かなり厳しい....、けど楽しい!

学校は留年しそうになっているので必死に単位を救う日々。

運動しなくなったせいで太った。去年は1区1位だった学校の駅伝大会も今年は恥をかいた。
4月からはバスケをまた始めつつ、友達に誘われたフットサルチームに入ろうかなー、という感じです!!

まとめ

FarConnectionの市来さんに憧れて勉強してたらそれなりに成長できました!
夏以降は獅子見さんとtento.techのおかげで自分のフィールドを広げられた!
ハッカソンの受賞は合計5つ!

かなり濃い1年でした!

高校3年生は

留年しない程度に学校で生活して卒業したいです(切実)
仕事は今のペースでバリバリ稼いで旅費とうどんに溶かしていきたいと思います。
あと、彼女が学校辞めちゃうっぽいので休日はそっちに時間費やしたい所存ですね!

パフォーマンス系の特技が1つ欲しいところ。

instagram.com

twitter.com

amzn.asia

【CSS】スクロールバーを表示させない(機能はする)

スマホから閲覧したときのように、PCでもスクロールバーを表示させないようにする方法です。

overflow:scrollが指定されてる要素をdisplay:noneからblockなどにjavascriptで操作した際、スクロールバーの表示が遅れて画面がガクっとなるのが嫌だったので書いてみました。

 

スクロールバーを隠したいoverflow:scrollが指定されてる要素に対して以下のように書きます。

(以下の例では .main)

 

.main::-webkit-scrollbar{
  width:0px;
}
.main::-webkit-scrollbar:horizontal{
  height:0px;
}


マウスのホイールでならスクロール出来ます!!
残念ながらIEでは効かないようです......。