読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sleepy...

のろのろっと。

中高生の起業ってどうなんですかね。

ちょいちょい意識だけ高い系の学生をdisるツイートをしていましたが、あやみん(@ayami_ii)がこんな記事を投下してたので便乗して書いてみます

私が今起業しない3つの理由 〜5社以上のベンチャー企業に携わってきた現役女子高生が考える起業のメリット・デメリット〜 – JK専務の見るセカイ。by @ayami_ii

語彙力も文章力もないので内容がごちゃごちゃです。誤字もあると思います。少し煽り要素もあります。

自分の立場

今月ようやく18歳になる高校生です。新高校3年生です。
Webエンジニアとしていくつか案件をもらって稼いだ金をうどんと廃墟巡りと神社巡りに溶かすタイプの男子です。
2つ前の記事に詳しいことは書いてあります

先ほどの記事のあやみんとは少しだけ同じベンチャー企業に関わっていました

3タイプの学生起業家

大きく分けると3種いると考えています
それぞれについて自分が思うことを書いていこうかと思います
これは中高生の起業家への意見であって大人になって起業した方達はまた別の話です

素人目線です。

技術力もアイデアも知識もある人

こういう人は企業してもバリバリやっていけると思います
ネットの時代ですから資金力がなくてもサービスを作り上げられたりWebサイトを作れる技術力があればまぁ動けると思いますし、技術力があるのであれば知り合いのエンジニアを誘った時に少しでも協力してくれるかもしれません。

僕は応援したいです、どんどん突き進んでください!!開発の人手が足りなかったら僕も誘ってください!!!

イデアだけある人

イデアだけある状態で起業しても何もできないかと思います。それをうまく形にするための人脈や技術、戦略などをある程度考えてからの起業でも遅くないと思います
あやみんの記事にあった通り、他のベンチャーで経験を積んで学んでからにしましょう

人がいないのであれば人材探しもしなければなりませんね。先ほども言った通り資金もないのでエンジニア1人は最低でも必要だと思います。しかし、自分についてきてくれる人がいるという確信や自信はありますか?少なくとも僕はそういう人にはついていきませんね。高校生エンジニアの僕でさえついていかないのですから大人はもっとついていかないと思います。
あなたが人材や知識集めなどしてようやくサービスリリースするまでの期間で僕はサービス3つは作れますよ。

ネットの怖い人たちに「意識高い笑」とか言われて笑われますよ。
少なくとも僕は心の底で爆笑してます。嫌いな意識だけ高い系です
こういう人を何人か見てきましたが、周りのエンジニアとの間でネタにして笑ってます。

「起業ってかっこいい!」だけの人

「この人このパターンじゃない??」って人をよくTwitterで見かけます。アイデアも具体的ではなくどう経営していくかも分からない人たちですね。

そんなに笑い者になりたかったですか。貴重な高校生活を費やしてでもギャグをカマしてくるなんて最高にセンスありますね笑

なにが言いたいか

しっかり準備して起業しましょう。準備できる前に起業するメリットはありますか?
僕は某ベンチャーキャピタルで行われたプレゼン大会を見に行ったことがあります。良いプロダクトがあれば賞金が出るというき感じの企画です。僕は各発表者のアイデア力と技術力に目を輝かせながら見ていましたが結局誰も賞金を得ることは出来ませんでした。それほど甘くないってことです。

まとめ

あなたの事業提案と周りの環境を見て、評価してくれる人がいれば投資してくれる人がいるかもしれません。手伝ってくれる人もいるかもしれません。その評価はその事業の実現性が大きく見られると思います。
投資家目線の意見は僕からは言えませんが、僕がもし中高生起業家を手伝うとしたらそこを見ます(僕の場合は好きな技術でプログラミングができるかも大事です笑)

あと、これは周りのエンジニアとよく話すはネタなのですが、どんなに資金がなくても力を貸してくれる人には報酬を払いましょう。汚い事を言いますが、あなたによほど憧れてたりしない限りは人は金で動きます。自分の大切な時間ですから。

この記事ではエンジニアの必要性が大きいとされていますが、いなくても動けるパターンもあるかもしれません。ただ僕がこの1年間で見てきたベンチャー企業は少なくとも1人は優秀なエンジニアがいてそれをベースにして活動していました。逆にエンジニア不足のところはほとんど伸びていないように感じました。

僕は起業する気は今のところはありません。マネジメントだとか経営だとか難しいこと分からないし好きなようにコード書いて稼ぐ生活を続けていきたいです。